【四月一日さん家と】6話ネタバレ・感想

Vtuber

【四月一日さん家と】基本情報

■タイトル:四月一日さん家と
■ドラマ公式URL:https://www.tv-tokyo.co.jp/watanuki/
■ドラマファンサイト:https://watanukisantino.com/
■ドラマ公式Twitter:https://twitter.com/watanukisanchi/
■主演:Vtuber
■ジャンル:コメディドラマ
■放送局:テレビ東京、テレビ大阪
■放送日時:・テレビ東京-2020年4月5日(日)スタート
       毎週日曜 深夜1時35分~
      ・テレビ大阪-2020年4月8日(水)スタート
       毎週水曜 深夜1時28分~
 

【四月一日さん家と】6話ネタバレ

生子があぁ無常という本を読んでいました。
※あぁ無常の内容は金のないジャンバルジャンが教会に泊めてもらうが、教会の銀の燭台を盗んで警察に捕まってしまったところで神父にこれは私が彼に渡したものです。と言ってもらい助けてもらい、それに感動したジャンバルジャンが更生していくという話らしいです。
物語の話を3人で話していた時に一花が「レミゼのパクリっぽくない?」と言い始めます。
三樹は呆れたように「それ本気で言ってる?同じものなの」とツッコミます。
生子にもすごいと言われちょっとショックを受け「あぁ無常」といいながらポーズをとります。
その時、左手の人差し指に母の形見である指輪がはめられていました。指輪について少し話した後、それぞれ分かれて一花はテーブルに指輪を置いて食器洗いに行こうとしたのですが足の小指をぶつけてしまい、指輪をおかめ(ペットの亀)の水槽に落としてしまいます。
食器洗いを終えた一花はそれに気づかず、指輪を探し始めます。その様子に気づいた三樹は
一花に話を聞きますが、当の本人は焦りすぎて声が遅れて聞こえてくるしゃべり方になってしまいます。
一旦落ち着いた一花はまず三樹を疑いますが3姉妹で一番長い気すれば指輪をもらえるもんねと疑ったことを反省します。
次に生子を疑い始めます。あぁ無常を読んだ影響を受けて盗んでしまったのではないかと考えます。一度その場から離れて小さな石像のようなものに向かって祈り妄想を始めます。
※ジャンバル子(生子)を許すことができるのでしょうかと祈っています。
一花が戻ってきたとき、2人はルンバを素人の限界を超えたくらいに分解した状態になったものが置いてありました。
三樹は泥棒を疑い始めますが、一花はジャンバル子を犯人だと思っているので警察を呼ぶのを止め「今ならまだ間に合う」と遠回しに訴えかけ、「私はあなたを責めません」と言います。三樹は「私は責めるよ」と言い放ちます。
その後一花は「素面じゃいられない」と言い二葉の働くバーに行きます。
バーにいたかなこと二葉に指輪の話をしていると一花が急に私が更生させればいいんだと言い、食い逃げして帰宅します(支払いは二葉のバイト代から)。
帰宅後ジャンバル子にどうやって説得すればいいのかおかめに対して練習します。
その時おかめの調子が悪いことに気が付き生子と三樹も集まります。
少しした後おかめが指輪を口から吐き出します。
指輪が見つかってからまず最初に生子に謝ります。その後白状して心の中で「ジャンバル子」と呼んでいたことも言います。
生子に許してもらい話が終わります。
 
 

 

【四月一日さん家と】6話感想

一花の妄想女子っぷりが面白かったです。
特に祈りを捧げるシーンは妄想で教会に行って神に助けを乞うていたのと、神の声があったのですが、その神の声に「これも妄想だ」と言われてしまっていたのとか最高でした。

【四月一日さん家と】7話予告

一花の似た人が登場しています。題名も「ドッペルゲンガー」なのでまぁ異常事態なのではないのかと思います。

【四月一日さん家と】6話を見逃した方

TVer5月18日(月)02:04まで無料公開していますので気になるけど見ていない方は是非見てみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました