【四月一日さん家と】2話ネタバレ・感想

Vtuber

【四月一日さん家と】基本情報

■タイトル:四月一日さん家と
■ドラマ公式URL:https://www.tv-tokyo.co.jp/watanuki/
■ドラマファンサイト:https://watanukisantino.com/
■ドラマ公式Twitter:https://twitter.com/watanukisanchi/
■主演:Vtuber
■ジャンル:コメディドラマ
■放送局:テレビ東京、テレビ大阪
■放送日時:・テレビ東京-2020年4月5日(日)スタート
       毎週日曜 深夜1時35分~
      ・テレビ大阪-2020年4月8日(水)スタート
       毎週水曜 深夜1時28分~
 

【四月一日さん家と】2話ネタバレ

1話の最後に登場した白鳥生子(演:物述有栖)が長女の一花(演:ときのそら)に紹介されたところから始まりました。
一花によると、生子は四月一日3姉妹の腹違いの妹だというのです。
3姉妹の中でも常識人な3女の三樹(演:響木アオ)は、急に現れて四月一日姉妹の妹だから一緒に住みますという説明に頭が追い付いてこれません。
生子が妹である証拠としていろいろと三樹に話していきます。
1つ目は声優の見学に来ていた生子をみて会ったことがあるような気がして、一緒にランチをする機会ありその時に「あっ妹だ」と思ったから…
もちろん三樹は納得しません。
2つ目は生子が生い立ちについてです。

・小さい頃は江東区に住んでいた
・物心ついたときにはママのみ
・ママの名前は梅子
・パパの名前はタケシ四月一日姉妹のパパの名前と同じ

それだけではさすがに情報がまだ足りません。
3つ目の情報は生子のママが生前に言い残した言葉がありました。
「東京にあなたと血のつながったお姉さんが3人いる。何かあったらまだ江東区にいるかもしれないから頼りなさい」と言われたらしいです。
少し三樹も納得してきます。
4つ目は生子におぼろげながら姉妹らしき誰かと一緒に遊んだ記憶があるらしいのです。
これはいまいち証拠になってません。
5つ目に一花がネックレスを持ってきて生子のつけているブレスレットと同じものであることを証拠に挙げます。それは昔、パパが富岡八幡宮の骨董市で買ってくれたもので、生子のパパと同じ場所で買ってもらったものだと判明します。
この条件から三樹も認め始めました。
6つ目に生子の昔遊んでもらった姉妹の記憶で、一番下の姉(三樹?)が優しかったことと一番上の姉(一花)が変な人でUFOを追いかけていたことを思い出します。
この証拠に三樹が完全に信じて、一花が生子が妹だということを勘違いと言い始めました。
(一花曰く、追いかけていたのは羞恥心らしい…)
最後の証拠に顔が隠れた金髪の少女らしい子が写った写真が出てきました。
この写真をくれたふみおばちゃんに聞いてみると金髪の子は「泰造」という昔遊んでいた男の子ということがわかり、それと同時に生子は妹ではないこともわかってしまいました。
落ち込んでしまって家に帰ろうとしていた生子を一花が止めて、一緒に住もうと提案して三樹もその意見に同意して一緒に住むことになりました。

 
 

 

【四月一日さん家と】2話感想

生子が実の妹ではなかったのは残念だったのですが、結局生前にママに伝えられた3人の姉の正体は誰なのかが気になります。実は写真が違っただけで本当に姉妹だったことに期待しています。

今回の特に面白かったところは相変わらず一花の思い込みの激しさが出てて、昔からUFO追いかけていた疑惑がでたり、熱心に羞恥心を追いかけていて野久保直樹のファンだったとか、やっぱり天然キャラは面白いのを実感した回でした。

今回から四月一日さん家と反省会がカラオケバーで行われることになりました。
反省会にも生子役の物述有栖が出演しています。

普段の配信とは違って台本があることに慣れないらしくドラマの大変さを感じているとのことで、やっぱりアドリブを求められるバラエティよりな活動とは全く別物なんだなと思いました。
そんな物述有栖のこれからの演技に期待したいと思います。
 

【四月一日さん家と】3話予告

ゴールデンボンバーの樽美酒 研二が出演します。
主演以外の出演は初なのでどうなるか楽しみですね。

 

【四月一日さん家と】2話を見逃した方

TVerで 4月20日(月)02:04まで無料公開していますので気になるけど見ていない方は是非見てみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました